JCBAインターネットサイマルラジオ配信について

令和元年7月1日

「JCBAインターネットサイマルラジオ」サイトは平成24年5月1日、会員社の難聴地域解消とインターネット環境の充実によるラジオ聴取方法の多様化に対応すると共に地域メディアとして災害・防災情報の伝達機関として担っている役割を確実に果たすため、24時間サイマル放送の配信の運用を開始、スマートフォン等携帯端末の普及にともない、平成27年7月には、各種アプリを介さずに携帯端末での聴取を可能としました。
 
コミュニティ放送局のインターネットサイマル放送は平成18年4月1日、Community Simul Radio Alliance(CSRA)様によるサイトの開設からスタート、年々局数は増加、現在では271局で配信されています。
 
全国各地での自然災害発生時には、地元コミュニティ放送局、臨時災害放送局から発信された災害関連情報等の放送とともに、インターネットサイマル放送が地域住民、やむなく避難された方々、さらには地域出身者の地元情報収集手段として大きな役割を果たしました。
 
弊協会賛助会員の株式会社ミュージックバード様のサポートのもと運用開始から7年、参加局数はおかげさまで116局となりました。今後は、確実性と利便性を重視し配信に努めますので、よろしくお願いいたします。

一般社団法人日本コミュニティ放送協会
代表理事 佐藤太紀